• HOME
  • 助成金とは?

助成金とは?

助成金の基本

 助成金とは、厚生労働省所管で取り扱っている支援金のことをいいます。
この助成金は、条件さえ満たせばどんな会社でも貰うことができ、
返済する必要はありません。


国から支援を受けられるものには、この助成金の他に補助金や公的融資と呼ばれるものが
あります。

 補助金は主に経済産業省が所管であり、これは公募性で審査が行われ、その上で受給できる
ものです。
よって、助成金とは違い、条件を満たせば誰でも貰えるものではありません。
審査を通過すると返済不要で国から支給されます。

 公的融資は国民生活金融公庫など、返済が必要な支援金になります。
その他、民間団体が運営している支援金や地方公共団体が運営している支援金もあります。



助成金の落とし穴

 よく耳にするのが、「助成金を自分が受給出来る事を知らなかった・・・」という声です。
実は、助成金は雇用保険の適用事業所であればほとんど業種を問わず活用できるものです。

しかし、助成金の種類、適用範囲、条件などを知らなかったばかりに、もらえるはずだった助成金がもらえなかった・・・という事態が多発しているの現状です。
返済する必要がないお金なだけに、非常にもったいないですね。



助成金受給の為の注意点

 助成金は何の理由もなく国からお金をもらえる制度ではありません。
国の政策にあった方針を会社が示して行動することが必要です。

よって、「助成金をもらうために制度を作ったが、結局要件に当てはまらずに受給
できなかった・・・。」

ということになってしまっては、本末転倒なのです。

助成金を受給するために制度を作るのではなく、事業を拡大するために人材を雇用していきたい、その際に友好的な助成金を活用したい!というスタンスが大切です。

 では助成金はどういったものがあるのでしょうか?
まずはその種類について学びましょう。

 

目的別の助成金

 助成金を大きく分類すると、「雇用関係の助成金」「研究開発型の助成金」に分かれます。

 「雇用関係の助成金」に関しては、雇用保険に加入している企業が払っている雇用保険料から支払われているので、企業側からすると国に資金を積み立てているようなものです。
従って、助成金の受給要件にあてはまるのに、助成金申請しないのは非常にもったいない話です。
助成金をもらうためには、以下のポイントを抑えておくことが重要です。


申請期限に注意

 原則として、期限を過ぎての申請は一切受け付けられません。
また、例えば受給資格者創業支援助成金は創業前の段階で事前届を提出していないと申請できないなど、タイミングを間違えてしまうともらえない助成金もありますので注意が必要です。


申請をして初めてもらえる

 一部の助成金を除き、助成金に該当するという連絡などは基本的にありません。
会社自身で申請できるかどうかを確認し、申請しなければなりません。
そのため、常に助成金の最新情報をチェックしておく必要があります。


助成金のもらい漏れが不安な方、最新情報を知りたい方は、ぜひ当事務所へご相談下さい。


採用バナー(日付なし).png


ご相談お問い合わせはこちらからどうぞ

京葉助成金サポートセンターは 『田中セラタ事務所』 が運営する助成金専用サイトです。
当事務所は、創業から35年、地域密着の社会保険労務士法人・行政書士事務所です。
お気軽に!お問い合わせ下さい。

ご相談お問い合わせはこちらからどうぞ
京葉会社設立サポートセンター